ヒカル(YouTuber)のVALU事件とは?その経緯を分かりやすく解説

いいね!と思ったらシェアしてね!



再生ボタン


祭りくじ動画や1300万を競馬にかけたり、ニンテンドースイッチやPS4をプレゼントしまくるという太っ腹企画でキッズに大人気のYouTuberヒカルさん。 

そのヒカルさんがVALU(バリュー)というサービスで詐欺的行為を行い、ファンが損害を被っていると問題になっています。 


多分VALUを知らないと何のこっちゃ分からない話だと思うので、今回はVALUがどんなサービスなのかについて簡単な解説と、ヒカルさんが行った詐欺的行為についてその経緯を解説したいと思います。 

読んでみてあなたがどう思うか判断してみてください。 


スポンサーリンク

ヒカルさんが使っているサービス・VALU(バリュー)とは




VALUとは簡単に言うと、個人を上場して初期に与えられた擬似株券=VAを売買する株のようなサービスです。 

言わば自分の価値を売るということですね。 

自分のVAを売り出して、自分の価値に共感する人(=ファン)がそれを買うことでドンドン価値(=VAの値段)が上がっていく仕組みです。 


取引には仮想通貨であるビットコインが必要で、遠まわしに言えばビットコインを購入するため現実のお金が必要です。 


だから一般的な株とほとんど認識は変わらないと言っていいと思います。 

会社が個人になっただけ。 

細かい規約はいろいろあるんですが、このくらいで認識としては十分です。 


私がちょっと好きなピョコタンという人が解説していますのでご覧ください。 


【自分の株を売って儲ける怪しげなSNS『VALU(バリュー)』を始めてみた!【ピョコタン】】




ヒカルさんはVALUで自分を上場し、自分のVAを売買していたということになりますね。 


もちろん株と同じでVALUも儲かることもあれば損することもあります。 

VAを取引しているとは言え、元は現実のお金で買ってますから現実に儲かるし損もするんですよ。 

そこが今回のVALU事件とも関わってきます。 


ヒカルさんがVALUで行った詐欺的行為とは?


疑問


株の売買を知らない人はいまいちピンと来ないと思うんですが、株と言うのはしてはいけないことが結構あります。 

まず特定の人に売買情報を流してはいけない、いわゆるインサイダー行為ですね。 

あとは株価を操縦するような行為も禁止です。 

株価を操縦する行為とは売買する人を混乱させるような情報を流したり煽るようなことも含まれます。 


このようなことを現実の株式市場ですると一発逮捕となるくらいヤバイことなんですね。 


この認識がそのままVALUに当てはまるかというとそうでは無いと思います。 

しかし多くの利用者がVALUを株式市場と同じに見ている現実もあるってことがポイントですね。 


その上でヒカルさんがVALUで行った行為をまとめてみます。 

初期はVAを誰に売るか決めることができる→ヒカルの師匠と言われる「井川氏」が大量に購入
↓ 
同様に同じ会社のラファエルさんや禁断ボーイズのいっくんのVAも井川氏が購入していた 
↓ 
ヒカルさんはじめ3人はとても人気で連日高値をつけていた 
↓ 
ヒカル、ラファエル、いっくんが「すごいことをやる」とVALUに書き込み 
↓ 
優待を発表するとかVAを買った人だけオフ会をするという購入を促す情報を出したらしいがヒカルさんは否定) 
↓ 
たくさんの人が購入して最高値状態に 
↓ 
8/15にヒカル、いっくん、ラファエル3氏が持っているVALUを全部売り出し 



かなり大まかですがこのような流れですね。 

これだけだったら別に何の問題もなかったんですよ。 

現実の株式市場ではないですから売ろうがそれはヒカルさんらの自由。 


でもこれで儲けた人と損した人がいたんです。 


スポンサーリンク

儲けたのはヒカルさんの周囲・損したのはファン=VALU事件


お金のイメージ


何が問題だったかと言うと儲かったのがヒカルさんをはじめラファエルさん、いっくん、井川氏などの身内で、損害を被ったのがVAを買ったファンやその他の人と明確に分かれてしまったからです。 


元々ヒカルさんらがVALUを始めた頃に井川氏はVAを大量に購入しています。 

それは最低金額で株を買ったのと同じです。 

それからドンドン値段が上がっていって、全部売り出す前が1番高値だったんです。 

実はそこで井川氏はすべて売り抜けていたことが発覚。


最低金額で買って最高金額で売ればどうなるかは簡単。 

超儲かってるんです。 


逆に何かすごいことするよ!って言われて買った人や売り出しに飛びついて買った人は売り出す前の高値で買っています。 

それが全部売りに出されて値段が下がっていったらどうなります? 

損しちゃいますよね。 


つまり今回のヒカルさんのVALU事件で問題視されているのは、 

・ヒカルさんらが全部売り出したらどうなるか予測できる状態だった 

・「すごいことをやる」「買えばいいことがある」という購入を煽ることを言った(ヒカルさんは否定) 

・煽られた人の裏で身内の井川氏は持っていたVAを売り利益を出した



ということですね。 

株式で言うインサイダーや操縦のようなことが行われて利益を出した人がいたと言うことが問題視されているというわけです。 


ここからは推測ですがこのようなことをすると騒動になるとヒカルさんなら予想できたはず。 

実際ヒカルさんはじめ関係者のVALUアカウントは軒並み停止になっていますからね。 

ヒカルさんはアカウント停止になるまでにある程度のVAは売りつくしたと言われていて、5000万くらいの利益が入ったと言われてます。 


もしアカウント停止→VALU撤退まで予想していたとしたら・・・

VA購入者=ファンからお金を巻き上げて逃げたと言われてしまっても仕方ない状況です。 


ただしVAの売買は自己責任というところがやるせないですね。 


まとめ




ヒカルさんはVALU購入者が純粋にファンで応援してくれている人であるべきと言っていたみたいです。 

だから儲けることを目的で自分のVAを買ってもらいたくないという意見だったわけです。 

その儲け目的(ヒカルさんが言うには小銭稼ぎ)の人を排除したくて今回の全売り出しなんてことをしたんでしょうか? 


その裏には純粋に応援するつもりでVAを買っていた人も損してるってこと。 

もしこのままVALU撤退したら還元ももうできないことも分かってるんですかね。 


小銭稼ぎの人はある程度株の知識がある人だと思うんで、たぶん損した人の多くは知識の無い人でファンの人なんじゃないのってMikaは思うんですよね。 


ヒカルさんのやり方は良くなかったと私は思います。 


では今回のまとめです! 

・VALUは株式取引みたいなもの 

・ヒカルのVALU事件では身内が儲けたという事実がある 

・詐欺行為に当たるかは不明 



法的に罪に問われることは多分無いと思いますが、ファンの信頼はなくしてしまいかねない騒動ですね。 

ヒカルさんはYouTube以外のところにそろそろ場を移した方がいいんじゃないかなって思うな。 

YouTubeは基本無料でだから見に来る人もお金払ってる意識ないし。 

純粋に自分でプラットフォーム作ってお金とって配信した方が合ってる気がします。 



ヒカルさんが所属するVAZがどんな会社なのかはこちらの記事で!
>>>VAZってどんな会社?社長の森泰輝の年齢やヒカルとの関係は?



スポンサーリンク


 

ふるさと納税ってカンタン!ネット通販とほぼ同じ!

約2000円の自己負担で豪華なごちそうもGET!

さとふるは全国各地のごちそうや特産品が19000件以上から選べる!

さとふるは12000件以上の品物が評価5!

 

毎年確定申告をしているならふるさと納税しないなんてもったいなさ過ぎる!

サラリーマンもふるさと納税したら確定申告をすれば税金がオトクに!

 

まずはサイトでどんな品物があるのかだけでも見てみるとおもしろいですよ!

 

カニや牛肉、ふぐにフルーツと言ったごちそうから温泉にパラグライダー、PET-CTのがん検診まで!

ちなみに私は次に厚岸のかきガンガン焼きセットを狙ってます(^^)

 

↓↓↓今年分の税金をお得にするには締め切り迫ってます!↓↓↓
旬の人気特産品ランキング

 

【ふるさと納税のしくみはこちらで解説しています!】
>>>ふるさと納税とは何がトクなの?わかりやすく制度と手続きを解説!

 

いいね!と思ったらシェアしてね!

フォローする