稲田防衛大臣の過去の失言内容と意味を検証!そもそもなぜ選ばれた?

いいね!と思ったらシェアしてね!



ニュースのイメージ画像


稲田防衛大臣の口から次々と飛び出す失言。 

さすがにその回数の多さに関係者も国民もあきれ返っているところですよね。 


私は個人的に稲田防衛大臣に期待して”いた”んですよ。 

なぜかと言うと政調会長時代の答弁や、討論番組の発言を見ているととても理路整然としかもキッパリとした物言いだったんです。 

人を納得させるような答弁をする方でした。 


「あぁ、男性にも押されない答弁ができるくらい頭のいい人なんだ」 

と感心したものです。 


それが防衛大臣になった途端にこれ。 

同一人物なのかと思うくらいですよ(笑) 


今回は私の失望の気持ちも込めて、稲田防衛大臣の過去の失言内容から何が問題なのかその意味を検証したいと思います! 

テレビでちょっと見ただけの印象ではどんな人か分からないという自戒の意味もありますね。 


さらになぜこんなに失言が多く知識不足の稲田さんが防衛大臣に選ばれたのか、その理由や思惑についても考えてみます。 


スポンサーリンク

最近の稲田防衛大臣の失言内容と問題点


演説


稲田防衛大臣の失言の中で最も批判を浴びているのが都議選の「自衛隊としてもお願いしたい」発言です。 

文字にするとなんだかややこしくて拒否反応が出そうですが(笑) 

かなりこの失言は稲田防衛大臣の資質のなさを露呈してしまっています。 

失言内容としてもあきれるほど低レベルと言わざるをえません。 


では失言内容と問題点を解説していきますね! 


都議選の応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」発言

[失言内容]

6月27日、東京都議選の候補者の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣としてもお願いしたい」と演説 


[問題点]

自衛隊法では自衛隊員は選挙権の行使以外の政治行為が制限されている、つまり自衛隊として特定の政治家や政党を公に応援したりひいきすることは禁止です。 

個人の考えである候補者に投票するのはOK、自衛隊や防衛省の名前を使って世論に訴えかけたりしてはいけないということです。 


稲田防衛大臣の発言は、 

・まるで「防衛省、自衛隊、防衛大臣が」ある自民党の特定候補者を応援しているように受けとられる

・自衛隊員は「トップが言ってるから自民党を応援しなきゃいけない」と思われかねない 



2つ目は個人の考えで投票する選挙なんだからこじつけと取れなくもないですが、特に問題視されるのは1つ目でしょうね。 

世界的に見ても軍の反乱で政治が転覆したりということは多いですし、日本でも実際に旧日本軍の一部が反乱を起こした二・二六事件などもあります。 

それくらい軍が政治的に力を持つことにはデリケートにならざるを得ない。

まさか今の日本でそんなことあるわけないと思っちゃいますけどね。 


でもやっぱり自衛隊を軍にしようとか、日本も攻撃できるようにしようという考えを持ってる人もいるし、自衛隊が政治に関与することはよろしくないだろうと私は思うところです。 


1番問題なのは政治家であり法律家でもある稲田防衛大臣が何の悪気もなくこの発言をしたことです。 

自衛隊などの国の機関と政治を結び付けてはいけないという初歩の初歩を知らなかったんですから。 


ニコニコしながらあの発言をしている時の稲田防衛大臣からは「国会議員で防衛大臣の私が応援してあげているのよ!」というオーラが出ているように感じたのは私だけかな? 


他にも自衛隊員のモチベを下げまくる失言内容や態度がいろいろ!


もやもやする気持ち


稲田防衛大臣の失言は他にもいろいろ取り上げられています。 

その失言内容だけでなく、視察時の服装や態度なども自衛隊員のモチベーションを著しく下げるようなものであると批判されているんです。 

いくつか挙げてみたいと思います。 

血を流す覚悟発言

「国民の1人ひとり、みなさん方1人ひとりが自分の国は自分で守る、そして自分の国を守るためには血を流す覚悟をしなければならないのです!」

これはある講演会での演説の一部です。 

言葉尻だけを捉えることはしたくはないと思うんですけど、この発言は国会で福島みずほ氏にも追求されていますね。 

稲田防衛大臣は「自分自身も命がけで国益を守るために政治をやっていくという覚悟を示したもの」と答弁してますけど、国民1人ひとりがって言っちゃってますもん(笑) 


自分の覚悟にすり返るのはちょっと無理があろうかと思いますよね。 


稲田防衛大臣はかなり右寄りの政治家ではありますけど、講演会でここまでハッキリ言っちゃうってどうなの?と耳を疑います。 

私には日本が戦争することになっても協力しろよ!って言われているように聞こえますよ。



さらに怖いのがこの発言をした直後、聞いていた人から拍手と歓声が上がっていること。 
(動画を見ました) 


日本って平和だけど近々本当に戦争をする国になるんじゃないかと心配になってしまいましたね。 


自衛隊関連の視察時の服装問題

自衛隊を視察する時の服装もひどいと言われてますね。 

稲田防衛大臣は自らを「グッドルッキング」とギャグを飛ばす人なので少なくとも容姿には自身があるんでしょう。 


でも「お仕事でいくんだしさ、しかも部下が大変な思いをして働いているところを見に行くのにその格好は無いんじゃない?」 

と思うような服装が多いのも事実です。 

・自衛隊を訪問時、迷彩服の隊員に囲まれる中ピンクのスーツにリゾート風の帽子

・自衛隊激励のためのジプチ訪問でラフすぎるTシャツにジレ、キャップにサングラス。

・駆けつけ警護の演習視察で土ぼこりが舞うような現場に真っ白なパンツ姿

・転倒する恐れや破損の心配がある護衛艦や潜水艦の視察でハイヒール



普段から登庁時のスーツでも網タイツを頻繁に着用しているのも話題になってますよね。 

別に普通の女性であればファッションについて文句を言うことは無いし、何を着たっていいんですよ。 

でも防衛大臣として現場を見に行く時の服装としてはやっぱり無い!


私が男性で自衛隊員だったら「そんなカッコで来んなよ」って普通に思います。 

しかも1回じゃなく数回です。 

「俺らがんばってんのに遊びできやがって」とモチベーションを下げる隊員がいても不思議ではないですよね。 


その点先輩大臣である小池百合子都知事はうまくやっていたなって思いますね。 

ほとんど自衛隊の関連行事の時はパンツスタイルでしたし、稲田防衛大臣のように過度に女性的な服装はしないように心がけていたように感じます。 


現場では小さな不満が蓄積していることや自衛隊や防衛省が稲田防衛大臣を良く思っていないのは容易に想像できます。 

その問題が大きく表面化したのが南スーダンPKO問題だと言われているんです。 


スポンサーリンク

南スーダンPKO日報問題


ストレス


[問題のあらすじ]

自衛隊は軍ではないので基本的に戦闘地域に行くことはできない。しかしPKO(国連平和維持活動)という名目上、「PKO参加5原則」を満たしていれば派遣して活動することができる。 

しかし「戦闘」が起こったという日報があることが発覚。これでは正当性がなくなってしまう。 

この日報に関して12月の国会で「破棄したので開示できない」と答弁していた。 

同じく3月にも「日報について報告は無かった」「隠蔽してません」と答弁。 


後に日報のデータが見つかっていたことを稲田防衛大臣は「2月の時点で報告を受けていた」ということが報じられ、3月の答弁が虚偽答弁である疑いが持たれている。 



[失言内容]

3月17日の国会答弁で聞かれていないのに苦笑いしながら「・・・隠蔽してません」と日報問題に言及。 


[問題点]

南スーダン日報問題はちょっと難しいんですがザックリ言うとこういうことではないかと言われてます。 

「稲田防衛大臣の管理能力の無さや今までの積み重ねの問題」


この問題は複数の問題が入り混じっていると考えられます。 

1.自衛隊の派遣実績を作るために無理やり自衛隊を戦闘地域に派遣した 
→「戦闘」の記載がある日報が存在し、省を挙げて隠蔽したのではないかという疑惑 

2.日報データ存在について部下から報告がされなかった事実(発見が1月に対して報告は2月中旬) 
→大臣として自衛隊や防衛省を管理できていない


1はもう問題外でしょう。 

あるのを知ってて無いって嘘を付き、隠蔽に加担したんですから。 


問題は2番です。 

12月の時点で日報を破棄したと言っていたのに1月にデータが見つかり、2月に大臣に報告してます。 

データが見つかってすぐに報告が上がらないと言うことも問題ですし、散々「隠蔽はない」と言ってた後に「実は知っていた」ことがどこかからバラされちゃった。 


これが「陸自のリーク」とか「制服組の反乱」と言われているんですね。 


これが事実なのかどうかはまだハッキリしないので何とも言えない所です。 

でも防衛省=背広組と自衛隊(主に陸自)=制服組の統率が全く取れていないのが露呈しちゃってますからね。 

背広組は日報を隠蔽、制服組はそれをバラしたと言われている。 

こんな状態でミサイル飛んできたらどうすんでしょう(苦笑) 


それもこれも稲田防衛大臣の資質の無さに原因があるといろんな方面から批判が出ていることにつながってくると言うわけです。 



このように過去の失言内容や態度などを振り返ってみても、稲田さんに防衛大臣の資質があるのか疑問に思いますよね? 

なんでこんな方が防衛大臣に選ばれたの?って私は思ったんです。 


稲田防衛大臣はそもそもなぜ選ばれた?


疑問


そもそもなんで稲田さんが防衛大臣に選ばれたんでしょう。 

私は女性が防衛大臣でも性別に関係ないと思ってるし、女性だ男性だって言うのは好きじゃないんです。 

でもおそらく選ばれた理由の1つは”女性だから”でしょうね。 


安倍総理は女性の活躍ということにかなり力を注いでいます。 

その象徴として1番女性とは縁遠そうな防衛省のトップに稲田さんを置くことで、安倍内閣のイメージを作っていたのでは無いかなと私は思います。 


まぁわざわざ総理から大臣の服装まで注文しないでしょうが、それなら稲田さんが女性を前面に押し出す服装とかをするのも合点がいく気もしなくもない。 


もう1つの理由は安倍総理が「自分の後継」として育てているからという話もあります。 

稲田防衛大臣もかなり右寄りですが、安倍総理も憲法9条を変える、集団的自衛権の行使など国民からするとけっこう危ない考えの人です。 


政調会長の起用から今回の防衛大臣への起用も決定されていたことという話です。 


稲田防衛大臣と安倍総理は信条や思想において言わば相思相愛なんですね。 

稲田さんが議員に初当選した時から目をかけていた存在で、女性で初の総理になるなら稲田さんだとの話もあったくらいですからね。 


安倍総理が自分の考えと同じ稲田さんをどうしても防衛大臣にしたかったようです。 


でも誤算だったのは「ここまでダメだったの?」ってことに尽きると思いますね。 

冒頭でもお話したんですけど私も稲田さんに期待していた1人ですから。 


本当に弁の立つ、やっと女性でこういう人が出てきたと思うような感じだったんですよ。 


それだけに本当にコレジャナイ感すごいです(苦笑) 


まとめ

稲田防衛大臣は南スーダン問題について結局「隠蔽でない」という姿勢を貫き辞任はしないそうです。 

8月3日にも内閣改造が予定されているのでそれまでは踏ん張れという上からのお達しでしょうかね~。 


あと2週間、稲田防衛大臣は持ちこたえられるのか見物ですね。 


ではまとめです! 

・稲田防衛大臣の失言内容はかばいきれないようなモノが多いよ! 

・失言内容もさることながら服装などもTPOを考えられないみたい・・・ 

・安倍総理のお気に入りだから防衛大臣にまでなれた!? 



ちょっと私の偏見も入り混じっておりますが、ホント稲田さんにはガッカリです。 

頭の切れるスゴイ人だと思ってたのに。 


国会答弁でもしどろもどろになったりして「あのキレのあったしゃべりはいずこへ?」って感じですよ。 

しかも国会で泣いたりしているところはもうドン引きです。 


だから「女性は」って言われるんですよ!! 

1番涙を見せてはいけないところで泣いたのが私の1番のガッカリポイントですね。 


内閣改造で交代は確実と思われますが、ほとぼりが冷めたらまた表舞台に出てこられるのでしょうかね。 

どんな風にこれから政治に取り組んでいくのか見続けたいと思います。 



同じ女性議員の上西小百合さんの周りもキナ臭いですね。詳しくはこちらの記事を読んでください。
>>>笹原雄一と山口組の関係やキャッシュボックスとは?上西小百合の秘書



スポンサーリンク

 

ふるさと納税ってカンタン!ネット通販とほぼ同じ!

約2000円の自己負担で豪華なごちそうもGET!

さとふるは全国各地のごちそうや特産品が19000件以上から選べる!

さとふるは12000件以上の品物が評価5!

 

毎年確定申告をしているならふるさと納税しないなんてもったいなさ過ぎる!

サラリーマンもふるさと納税したら確定申告をすれば税金がオトクに!

 

まずはサイトでどんな品物があるのかだけでも見てみるとおもしろいですよ!

 

カニや牛肉、ふぐにフルーツと言ったごちそうから温泉にパラグライダー、PET-CTのがん検診まで!

ちなみに私は次に厚岸のかきガンガン焼きセットを狙ってます(^^)

 

↓↓↓今年分の税金をお得にするには締め切り迫ってます!↓↓↓
旬の人気特産品ランキング

 

【ふるさと納税のしくみはこちらで解説しています!】
>>>ふるさと納税とは何がトクなの?わかりやすく制度と手続きを解説!

 

いいね!と思ったらシェアしてね!

フォローする