ヨロイザメの画像は目が怖い!でも食べることもできて料理向き

いいね!と思ったらシェアしてね!



鼻に手を当てる


テレビ東京の人気企画番組「池の水ぜんぶ抜く」シリーズの姉妹企画として東京湾を調査する番組が放送されました。 

この番組で新発見や激レア生物がたくさん捕獲され話題となっています。 


私が注目したのはヨロイザメ! 


サメというとシュッとしてて背びれが大きい画像が頭に浮かぶけれど、このヨロイザメのビジュアルは何とも奇妙。 

目がね、超怖いんですよ!


今回はこのヨロイザメの生態や画像を紹介したいと思います。 

また食べると美味しいらしいのでそれについても調べてみましたよ♪ 


スポンサーリンク

ヨロイザメは目が怖い!驚きのビジュアル画像まとめ



【上の画像が捕獲されたヨロイザメ!色は黒っぽくて背びれも小さいですね】


ヨロイザメは世界中によくいるサメで普段は水深200~600メートルの深海に住んでいるサメです。 

特徴は背びれの小さい細長い体、短くて丸い頭に大きな目ですね。 


サメって言うとイメージするのはジョーズみたいな流線型の体に大きな背びれですよね。 


おおよそサメとは思えないようなビジュアルなのがヨロイザメです。 


特に私が思ったのは目が怖い! 

まん丸の大きな目は見る角度や場所によって緑や青に見えたりとかなりギラギラしてますね。 




見る人によってはこのまん丸お目々が可愛いという方ももちろんいます。 

最初に見た写真によるかも(笑) 

私が初めて見たヨロイザメの写真はかなり怖かったんですよw 


1番下のヨロイザメの目はちょっと笑っちゃいますね。 

なんか眠すぎて今にも寝落ちしそうな時の顔みたい(笑) 

そう思うと愛嬌があるように思えてきましたわ。 



こう見ると歯もけっこう怖いですね。 

噛む力がとても強くてイカやタコ、カニも余裕で食べることができる深海の強者なんですよ。 


ところでなぜヨロイザメの目はあんなに大きいのかなと思いますよね。 

調べてみたんですがあまり詳しく分かっていないようです。 


私の推測ですが深海生物の目って光が少ないところで生きていくために大きくなるか、無くして感覚を発達させるかどちらかに分かれますよね。 


ヨロイザメの場合は少ない光をよりたくさん利用できるように大きくなったタイプなんじゃないかなって思います。 

そう考えると自然かなと。 


東京湾で捕獲されたのは2例目だし、ヨロイザメは水揚げされるとすぐに死んでしまうので生きた個体の研究はあまり進んでいないようです。 

しかもヨロイザメの肝臓は大きく良質の肝油(スクワレン)が取れることで乱獲されていた歴史があります。 




現在は準絶滅危惧にも指定されていて希少な生物になりつつあるんですね。 


日本では漁獲は制限されていないですが他の魚を狙った底引き網漁にかかることが多いです。 

ですから漁場の近くの地域ではヨロイザメを食べているみたいです。 


なんでもヨロイザメ、美味しいらしいんですよ! 


スポンサーリンク

ヨロイザメは食べると美味しい!?どんな料理で食べるの?





子供のころ母とスーパーに買い物に行くとたまにサメの切り身が売ってて、食べた~ぃって言ったら「臭いからダメっ」って言われたことがありました。 

そう、サメやエイなどってよくアンモニア臭がするって言われるんですよね。 

サメの身には尿素が大量に含まれていて、死ぬとそれが微生物によってアンモニアに分解されるのが原因です。 


だから塩水処理をして臭みを抜いたり柑橘果汁の酸性によって中和したりします。 
(アンモニアはアルカリ性なので酸性で中和されるらしいです)


でもね!ヨロイザメは臭みも無くとっても美味しいんだそうです。 

だからお刺身で食べることもできちゃう♪ 




身はちょっと筋肉質でモチモチした食感でクセもなくサッパリした美味しさらしい。 

ただ旨みはあまり無いみたい。 

何切れか食べているとじんわり旨みを感じるらしいよ! 


ヨロイザメを食べるならオススメはフライ!




白身魚のフライは身がボソボソしてるやつもあるけど、ヨロイザメのフライはしっとりなんだとか。 

身がしっかりモチモチなので揚げると一瞬鶏肉!?って思っちゃうほどきめ細かい身質だそうです。 


すっごく美味しそうですね♪ 


フライ以外でも少し水分を抜いて一夜干しにしたり煮付けにしても美味しく食べられます。 

味噌漬けもカジキの味噌漬けに似ていて美味しいみたい。 


もし漁港に行く機会があって偶然ヨロイザメを食べられることがあったらぜひチャレンジしたいですね! 

めったに無さそうだけど(笑) 


関東より南の地域で揚がることが多いので機会があれば食べてみてください! 


まとめ

ヨロイザメ目が大きくて怖いサメでした! 

でもけっこう人気者みたいで絵の得意な方は擬人化したり可愛く書いてたりしますので探してみてください。 

なじみの無いサメだけど親近感がわきますよね。 


では今回のまとめです。 

・ヨロイザメは深海に住んでいる 

・サメっぽくない細長い体、小さな背びれ、丸い頭、大きな目が特徴 

・身はアンモニア臭が無く食べると美味しい! 

・特にフライがオススメ! 



ヨロイザメ、見た目は怖いけど美味しいならぜひとも食べてみたいです。 

食い意地だけはある私(笑) 



スポンサーリンク


 

ふるさと納税ってカンタン!ネット通販とほぼ同じ!

約2000円の自己負担で豪華なごちそうもGET!

さとふるは全国各地のごちそうや特産品が19000件以上から選べる!

さとふるは12000件以上の品物が評価5!

 

毎年確定申告をしているならふるさと納税しないなんてもったいなさ過ぎる!

サラリーマンもふるさと納税したら確定申告をすれば税金がオトクに!

 

まずはサイトでどんな品物があるのかだけでも見てみるとおもしろいですよ!

 

カニや牛肉、ふぐにフルーツと言ったごちそうから温泉にパラグライダー、PET-CTのがん検診まで!

ちなみに私は次に厚岸のかきガンガン焼きセットを狙ってます(^^)

 

↓↓↓今年分の税金をお得にするには締め切り迫ってます!↓↓↓
旬の人気特産品ランキング

 

【ふるさと納税のしくみはこちらで解説しています!】
>>>ふるさと納税とは何がトクなの?わかりやすく制度と手続きを解説!

 

いいね!と思ったらシェアしてね!

フォローする